任意売却の支援情報サイト

任意売却の支援情報サイト

任意売却で良い条件で売却するためには?

任意売却の場合に、良い条件で売却するためにはどうすればいいのでしょうか?

924f99cd8b28e13390552602d0db2988_m
任意売却において、売却することが決まった場合には、次に示すようなことを努力して行いましょう。任意売却だけでなく、競売物件の場合についても同じように言えることですが、一般的な傾向としては、まったく商品とは考えられないような物件が多いのが現実なのです。

 

例えば、部屋中カーテンが閉め切られていて、足の踏み場もないほど物が散らかっていて、照明がすっかり消えていて、というような感じです。このような状態では売却できるものも、とても売ることができません。任意売却の物件ということを事前に説明をされていた場合であったとしても、買主は一生にほとんどないような大きな買い物になります。その上、リスクを考慮するとまったく購入する意欲がなくなってしまいます。売主は普段の心配のために、どうしても表情が曇っています。

 

できるだけ、売主は笑顔で案内するようにする必要があると思います。不動産会社では、問い合わせがあった際に、案内するお客様を選んで、前もって冷やかしの方は断って、購入の見込みあるお客様だけを選別して案内する件数を絞り込んで、可能な限り案内する場合の負担がないようにしてくれます。そのため、案内する際だけは面倒と考えないで付き合うようにしましょう。住んでいる人の印象がいいと、売却する物件もいい印象になるものです。

 

最初の印象が大切

また、売却する物件のことについては住んでいる人の方がよくわかっているので、できる限り売却する物件のいいポイントなどを要領よく話ができるようにしましょう。不動産の売却は交渉であるため、可能な限りいい条件で売却する、という意識を持って、次のようなことに注意しましょう。
・いらない物は捨てて、すっきり部屋をさせる。
・生活臭などは断つ。
・窓、水周りのカビ、汚れをとる。
・電球など切れていれば交換しておく。
・クロス、塗装のはがれ、などは補修しておく。

 

とにかく最初の印象が大事なのです。

まずは自分で解決!「借金トラブルは弁護士へ相談に行く前にできることはあるのか/ウルトラ弁護士ガイド」

 

 

任意売却という有効手段
自己破産の辛さ
基礎から分かる過払い金の歴史
任意売却をあなたは知っていますか
任意売却のメリットは競売よりも高く売れる可能性が高いこと
任意売却ならメリットもある
自己破産をしなくてもいいように生活しよう
任意売却とはどのようなものなのでしょうか?
過払い金の請求について
前向きな自己破産について
任意売却と競売の比較
任意売却の注意点について
自己破産は容易なことではありません
過払い金が発生する原因と返還請求できる理由
任意売却について
過払い金の請求は弁護士に依頼した方がスムーズに進む
任意売却しても家に住み続けられる
過払い金は払いすぎた利息なので遠慮なく請求しよう
住宅ローンの返済に行き詰ったら任意売却
自己破産なんて最低だよ
© 2013 任意売却の支援情報サイト All Rights Reserved.