任意売却の支援情報サイト

任意売却の支援情報サイト

HOME >>  任意売却について > 任意売却という有効手段

任意売却という有効手段

任意売却といつ住宅の売却制度をご存知でしょうか?一般的に、住宅ローンが返済できない時に使う売却システムですが、離婚や持ち家が必要でなくなったときに使用するケースもあります。
 

任意売却のメリット

 

任意売却制度のメリットは、持ち家のローン全てを返済しなくても家を売却できることにあります。もちろん、売却したお金でローンを返済し残りの金額も返済義務が発生するのですが。
 5c63ababa005f2545a309e26d4ca1a38_m

 

しかしながら、住宅ローンが返済できなくなった際、家を差し押さえられ競売にかけられるよりは任意売却をしたほうがよりお得なのが一般的です。もし、債権者と交渉できる才能をお持ちであれば問題ないのですが、一般的には弁護士にお願いして債権者と交渉していくことになるでしょう。

 

その際の弁護士費用はばかになりませんし、競売は競売時の物件価格より安価な金額で成立することが多くその結果残債も多く残ります。

 

しかしながら任意売却は任意売却をお手伝いして頂く業者選定さえ間違わなければ、正当な売却価格で家を売ることが出来しかも、残債の返済金額も交渉できるのです。

 

さて、デメリットです。住宅ローンが返済できない方は多分ほとんどの方がいわゆるブラックリストに入っているとは思いますので、問題ない(?)のですが、諸事情で家を売却しなければならない(またはどうしても売却したい)方は敢えてブラックリストにならないといけないことです。

 

任意売却は住宅ローンの滞納・延滞が生じて初めて認めてもらえます。この決意が出来るのであれば任意売却は先に述べた持ち家の残債を残して売却する最良の手段といえるのではないでしょうか。

 

 

© 2013 任意売却の支援情報サイト All Rights Reserved.