任意売却の支援情報サイト

任意売却の支援情報サイト

HOME >>  任意売却について > 任意売却と競売の比較

任意売却と競売の比較

競売と任意売却と言うのは比較することでよく理解ができます。

 

競売は裁判所の手続きによってかなりガッチリと定まっているため、当事者同士で細かく条件を定めることはできません。この場合の当事者とはお金を借りて自宅を持っている債務者と、お金を貸して抵当権などの担保権を持っている債権者です。

 

また競売の特徴として市場価格よりも低い価額で売却をすることになるため、債務者の側としては自宅を競売しても残債務の額が今だに大きいことはよくありますし、債権者の立場としてもそれほどお金を回収できないことになります。

 
ですからそういう場合に任意売却の需要が生じることになります。任意売却であれば裁判所は介入しませんから、当事者同士で自由に条件を決めることができます。

 

例えば債務者の引越し資金を債権者に出してもらうなどです。他にも市場価格に近い価額で自宅を売却をできますから、債務者と債権者どちらにもメリットがある方法なのです。

 

 

© 2013 任意売却の支援情報サイト All Rights Reserved.