任意売却の支援情報サイト

任意売却の支援情報サイト

HOME >>  任意売却について > 任意売却の注意点について

任意売却の注意点について

任意売却とは、何らかの理由でローンの返済が難しくなってしまった時に、債権者と債務者が合意の上で不動産を売却し、住宅ローンの残高に充てる仕組みのことです。

 

通常であればローンの支払いが滞ってしまった時は、債権者側に不動産を差し押さえられてしまいますが、任意売却は双方の合意に基づいで行われる仕組みなので、通常の不動産売買と同様の手続きで売却がなされます。

 

差し押さえられて競売にかけられるより高く売却することができるので、債権者・債務者双方にメリットがある仕組みですが、多額の金銭が動くので個人で対応するのは難しく、仲介業者を利用する必要があります。仲介を依頼した業者には報酬を支払う必要があるので、その分の金額も考慮しなくてはいけません。

 

また、債権者、債務者、保証人など利害にかかわる人物が多く、一人でも反対していれば任意売却を行うことは不可能です。あくまでも当事者の合意のもとに行われる仕組みなので、双方の立場を考慮した思いやりの精神が無いと成立が困難になってしまいます。

© 2013 任意売却の支援情報サイト All Rights Reserved.