任意売却の支援情報サイト

任意売却の支援情報サイト

HOME >>  過払い金について > 過払い金が発生する原因と返還請求できる理由

過払い金が発生する原因と返還請求できる理由

過払い金とは、文字通り払い過ぎた金額の事です。具体的には、貸金業者に対して払い過ぎていた利息の事であり、グレーゾーン金利での貸し付けが行われていた事が、過払い金が発生する原因となっていました。

 

グレーゾーン金利とは、出資法の上限金利が利息制限法を上回っていた事から起きていた問題であり、利息制限法の上限を超えた貸し付けであっても出資法の上限を超えていなければ刑事責任を問われる事がありませんでした。

 

利息に関しての法律が出資法と利息制限法と二つもあり、その上限金利が異なっていた事で起きていた問題です。現在は貸金業者と出資法に関しての法改正が行われたので、グレーゾーン金利による貸し付けを行う事は出来なくなっています。

 

過去にグレーゾーン金利で利息を払っていた利用者は、過払い金を業者に対して返還請求を行う事が出来るようになっています。

 

業者に対して返還請求を行うと信用情報機関に事故情報として記録されてしまうというデメリットが発生してしまいましたが、現在では返還請求を行う事は正当な権利であると法的に認められたので、デメリットなく返還請求を行う事が出来るようになりました。

 

 

© 2013 任意売却の支援情報サイト All Rights Reserved.